ミクロの世界から大宇宙へ
Limit of Perception
オーストリア
 

統括  
制作 Steve Nicholls and Alfred Vendl
演出  
撮影  
会社 オーストリア国営放送(ORF)
これは、1個の原子を抜いて作った最小の人工の穴から宇宙の果てに至る旅です。人はついに、古代ギリシャの哲人の夢、原子を「見る」ことに成功しました、また、無限を見ることもできるようになったようです。たとえば、ハッブル望遠鏡は最も遠い銀河系を見せてくれます。
カメラは人間の知覚の極限を探り、人の遺伝子や原子の構造から何光年も彼方のクェーサーまで旅します。これは、ミクロの世界から大宇宙への旅の記録です。